新会社法の基礎知識 > 会社法とは > 会社法とは

会社法というのは一体何者か?

スポンサード リンク

会社法が2006年5月より施行されることとなりました。

従来、「会社法」という法律そのものは存在しておらず、商法に規程されていた会社(株式会社・合名会社・合資会社)関連の規程、及び、有限会社法に規程されていた有限会社の規程を総称して「会社法」といっていました。

今回、これらの関連法規が統合のうえ大改正が加えられ、「新会社法」が制定されることになりました。


会社法の特徴的な点としては、様々な点がありますが、特筆すべきは、下記の点になります。

  • 有限会社がなくなり、全て株式会社に統合される
  • 合同会社という新しい会社形態が規定された
  • 株式会社の機関設計の自由度が増す
  • 株式会社の最低資本金制度が撤廃された

会社法は、長年、主要部分が改正されてこなかったため、現実の運用と法の想定との間で様々な齟齬がありました。

例えば、商法有限会社法においては、「大規模の公開会社=株式会社」、「小規模な同族会社=有限会社」という使い分けが想定されていました。

しかし、現実には、株式会社の大半が、小規模な同族会社が占めているといわれていると言われ、有限会社と株式会社の使い分けが、法の想定どおりには行われていない、という現実がありました。

そこで、新会社法では、株式会社の機関設計の自由度を上げることにより、現行の有限会社的な会社も作ることができるようにしたうえで、株式会社と有限会社とを統合することとしたのです。


また、起業をしやすくするための対策として、最低資本金制度の撤廃や、合同会社という新しい会社形態を創設することにより、元手がなくても、有限責任会社のメリットを享受できるようにしたのです。

このように、新会社法は、現代の経済情勢に合わせた改正が行われているのです。

会社法とは一覧

会社法とは
会社法とは
会社法の施行日
 

所得税法の応用法 女性のための転職法 ダイエットと子育て

[an error occurred while processing this directive]