新会社法の基礎知識 > 会社法の改正点 > 会社法による改正−最低資本金制度の撤廃

新会社法で起業すると資本金は1円でもいい!?

スポンサード リンク

会社法による改正点のひとつとして、株式会社最低資本金制度が撤廃されたことがあげられます。

従来の商法・有限会社法では、株式会社最低資本金は1,000万円、有限会社の最低資本金は300万円と定められていました。

これには例外もありましたが、少なくとも法律上は、これだけのお金がなければ、株式会社や有限会社を設立することができなかったのです。


新会社法においては、株式会社最低資本金制度は撤廃されましたので、極端な話、設立費用を除けば1円持っているだけで会社を設立することができます。

特に、インターネットビジネスなどを行ううえでは、資本が大きくなくても問題がない、という場合も多いと思います

そのような場合に、会社を起こそうとしても、最低資本金制度がネックになって会社を設立できなかった・・、このような人にとっては、最低資本金制度の撤廃は朗報となるでしょう。


ただし、最低資本金が撤廃されたといっても、下記のようなこともあるので、安易に1円起業をするべきではないと思っています。

  • 企業間取引(特に、銀行からの借入)の際には、資本金がある程度重視されること
  • そもそも、起業を運営する上で必要になる資金はどこかから調達しなければいけないこと

たとえ、1円起業をしたとしても、できるだけ早いうちに利益を出して、資金を円滑に回せるようにならないと、結局は、倒産の憂き目にあうことが予想されますので、気をつけてください。


なお、最低資本金制度は撤廃されましたが、それに合わせて配当限度額の規定もあわせて改定されており、純資産が300万円以下の場合には配当を支払えないこととされています。

資本金が1円だからといって、いくらでも、配当できるわけではありませんので、ご注意ください。

会社法の改正点一覧

会社法の改正点
会社法による改正−最低資本金制度の撤廃
会社法による改正−有限会社の廃止
会社法による改正−合同会社
会社法による改正−株式会社の設置機関の柔軟化
会社法による改正−計算書類
会社法による改正−役員賞与を費用計上
 

所得税法の応用法 女性のための転職法 ダイエットと子育て

[an error occurred while processing this directive]