新会社法の基礎知識 > 有限会社の廃止 > 有限会社と新株式会社の違い−最低資本金

新株式会社の最低資本金は1円

スポンサード リンク

会社法施行前に設立されている既存の有限会社は、新会社法適用後も、実質的に有限会社として存続できることとされています。

そのため、今時点で会社を設立しようとしている方にとって、今すぐ有限会社を設立するか、新会社法施行を待って、株式会社を設立するか悩んでいる方も多いと思います。

そこで、まずは、現行の有限会社を設立するデメリットを書いていこうと思います。


今すぐに有限会社を設立することのデメリットとして一番大きいものは、最低資本金制度がある、という点です。

従来の有限会社は設立のために最低資本金として300万円の設立費用が必要です。

つまり、手持資金が最低300万円はないと、有限会社の設立ができないのです。


ところが、新会社法では、最低1円で、既存の有限会社とほぼ同様の会社を設立することができるのです。

このように、有限会社設立のために多額の資金が必要、という事実は、起業家にとっては、大きなデメリットとなります。

ですから、特別な事情がない限りは、新会社法の適用を待ってから株式会社を設立するのが無難だと思われます。

有限会社の廃止一覧

有限会社の廃止
既存の有限会社の取り扱い
有限会社と新株式会社の違い−最低資本金
有限会社と新株式会社の違い−決算公告義務
有限会社と新株式会社の違い−取締役・監査役の任期
有限会社と新株式会社の違い−会計監査人の設置
既存の有限会社の登記簿の内容はどうなる?
 

所得税法の応用法 女性のための転職法 ダイエットと子育て

[an error occurred while processing this directive]