新会社法の基礎知識 > 新会社法と定款 > 新会社法の定款で株主総会招集通知期限の短縮

新会社法の規定により株主総会招集通知期限を短縮する方法

スポンサード リンク

新会社法の定款で株主総会招集通知期限の短縮をすることができます。

新会社法施行以前は、株主総会を行う際には、必ず株主総会の2週間前までに株主総会の招集通知を発送する必要がありました。

これは、株主が株主総会議案を検討したり、株主総会に出席をするための準備期間を設けるためでした。

しかし、株式会社の中でも実質的に個人経営の株式会社の場合には、必ずしも株主総会招集通知を前もって発送する必要はありません。

そこで、新会社法では、非公開会社(閉鎖会社)については、定款で定めれば、株主総会招集通知を株主総会の1週間前までに発送すればいいこととされました。

さらに、取締役会非設置会社については、株主総会招集通知を書面で送る必要さえなく、電話や口頭により株主総会を招集することも可能となりました。


このように新会社法では、実質的に個人経営の株式会社の場合には、株主総会の招集手続きを大幅に緩和されています。

ぜひ、新会社法で認められた便利な制度を活用することをおすすめします。

なお、既存の株式会社では新会社法が施行されても定款を変更しない限り、従前の規制が適用されます。

新会社法で定められた恩恵を最大限に受けたい株式会社は、定款変更が必要です。

新会社法と定款一覧

新会社法と定款
新会社法と定款
新会社法の定款で役員任期伸長
新会社法定款で取締役削減
新会社法定款で取締役会非設置
新会社法定款で監査役非設置
新会社法の定款で株主総会招集通知期限の短縮
新会社法の定款で取締役会決議を書面で行う
 

所得税法の応用法 女性のための転職法 ダイエットと子育て

[an error occurred while processing this directive]