新会社法の基礎知識 > 新会社法用語集 > 新会社法の監査役会設置会社とは

新会社法の監査役会設置会社とは何か?

スポンサード リンク

新会社法における監査役会設置会社とは、その名の通り監査役会を設置している株式会社のことをいいます。

監査役会を設置する義務があるのは、新会社法における大会社のみとなります。

但し、新会社法の大会社でなくても、任意に定款で定めることで監査役会を設置することができます。


ところで、監査役会を設置した株式会社については、機関設計に制約が加えられます。具体的には、監査役会設置会社は、下記の要件を満たす必要があります。

  • 監査役を3名以上設置しなければならない
  • 取締役会を設置しなければならない(そのため、取締役も最低3名以上必要になります)。

このように、監査役会を設置する会社は、かなり大規模な株式会社が想定されていることがわかると思います。


なお、監査役会を設置したとしても、各監査役はそれぞれ独自に監査を行うこととされています(独任制とよばれます)。

新会社法用語集一覧

新会社法用語集
新会社法の子会社とは
新会社法の親会社とは
新会社法の公開会社とは
新会社法の大会社とは
新会社法の取締役会設置会社とは
新会社法の監査役設置会社とは
新会社法の監査役会設置会社とは
新会社法の委員会設置会社とは
 

所得税法の応用法 女性のための転職法 ダイエットと子育て