新会社法 条文集−第六節 設立時代表取締役等の選定等(第四十七条・第四十八条)

新会社法の条文集です。

新会社法条文
> 第二編 株式会社
> 第一章 設立
> 第六節 設立時代表取締役等の選定等(第四十七条・第四十八条)

スポンサードリンク

第四十七条(設立時代表取締役の選定等)
(設立時代表取締役の選定等)
第四十七条 設立時取締役は、設立しようとする株式会社が取締役会設置会社(委員会設置会社を除く。)である場合には、設立時取締役の中から株式会社の設立に際して代表取締役(株式会社を代表する取締役をいう。以下同じ。)となる者(以下「設立時代表取締役」という。)を選定しなければならない。
 設立時取締役は、株式会社の成立の時までの間、設立時代表取締役を解職することができる。
 前二項の規定による設立時代表取締役の選定及び解職は、設立時取締役の過半数をもって決定する。
第四十八条(設立時委員の選定等)
(設立時委員の選定等)
第四十八条 設立しようとする株式会社が委員会設置会社である場合には、設立時取締役は、次に掲げる措置をとらなければならない。
 設立時取締役の中から次に掲げる者(次項において「設立時委員」という。)を選定すること。
 株式会社の設立に際して指名委員会の委員となる者
 株式会社の設立に際して監査委員会の委員となる者
 株式会社の設立に際して報酬委員会の委員となる者
 株式会社の設立に際して執行役となる者(以下「設立時執行役」という。)を選任すること。
 設立時執行役の中から株式会社の設立に際して代表執行役となる者(以下「設立時代表執行役」という。)を選定すること。ただし、設立時執行役が一人であるときは、その者が設立時代表執行役に選定されたものとする。
 設立時取締役は、株式会社の成立の時までの間、設立時委員若しくは設立時代表執行役を解職し、又は設立時執行役を解任することができる。
 前二項の規定による措置は、設立時取締役の過半数をもって決定する。
 

得する確定申告 女性が語る転職体験 子育て主婦のダイエット