新会社法 条文集−第八節 発起人等の責任(第五十二条―第五十六条)

新会社法の条文集です。

新会社法条文
> 第二編 株式会社
> 第一章 設立
> 第八節 発起人等の責任(第五十二条―第五十六条)

スポンサードリンク

第五十二条(出資された財産等の価額が不足する場合の責任)
(出資された財産等の価額が不足する場合の責任)
第五十二条 株式会社の成立の時における現物出資財産等の価額が当該現物出資財産等について定款に記載され、又は記録された価額(定款の変更があった場合にあっては、変更後の価額)に著しく不足するとき は、発起人及び設立時取締役は、当該株式会社に対し、連帯して、当該不足額を支払う義務を負う。
 前項の規定にかかわらず、次に掲げる場合には、発起人(第二十八条第一号の財産を給付した者又は同条第二号の財産の譲渡人を除く。第二号において同じ。)及び設立時取締役は、現物出資財産等について同項の義務を負わない。
 第二十八条第一号又は第二号に掲げる事項について第三十三条第二項の検査役の調査を経た場合
 当該発起人又は設立時取締役がその職務を行うについて注意を怠らなかったことを証明した場合
 第一項に規定する場合には、第三十三条第十項第三号に規定する証明をした者(以下この項において「 証明者」という。)は、第一項の義務を負う者と連帯して、同項の不足額を支払う義務を負う。ただし、当該証明者が当該証明をするについて注意を怠らなかったことを証明した場合は、この限りでない。
第五十三条(発起人等の損害賠償責任)
(発起人等の損害賠償責任)
第五十三条 発起人、設立時取締役又は設立時監査役は、株式会社の設立についてその任務を怠ったときは、当該株式会社に対し、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
 発起人、設立時取締役又は設立時監査役がその職務を行うについて悪意又は重大な過失があったときは、当該発起人、設立時取締役又は設立時監査役は、これによって第三者に生じた損害を賠償する責任を負う。
第五十四条(発起人等の連帯責任)
(発起人等の連帯責任)
第五十四条 発起人、設立時取締役又は設立時監査役が株式会社又は第三者に生じた損害を賠償する責任を負う場合において、他の発起人、設立時取締役又は設立時監査役も当該損害を賠償する責任を負うときは、これらの者は、連帯債務者とする。
第五十五条(責任の免除)
(責任の免除)
第五十五条 第五十二条第一項の規定により発起人又は設立時取締役の負う義務及び第五十三条第一項の規定により発起人、設立時取締役又は設立時監査役の負う責任は、総株主の同意がなければ、免除することができない。
第五十六条(株式会社不成立の場合の責任)
(株式会社不成立の場合の責任)
第五十六条 株式会社が成立しなかったときは、発起人は、連帯して、株式会社の設立に関してした行為についてその責任を負い、株式会社の設立に関して支出した費用を負担する。
 

得する確定申告 女性が語る転職体験 子育て主婦のダイエット