新会社法 条文集−第一款 株式の併合(第百八十条―第百八十二条)

新会社法の条文集です。

新会社法条文
> 第二編 株式会社
> 第二章 株式
> 第五節 株式の併合等
> 第一款 株式の併合(第百八十条―第百八十二条)

スポンサードリンク

第百八十条(株式の併合)
(株式の併合)
第百八十条 株式会社は、株式の併合をすることができる。
 株式会社は、株式の併合をしようとするときは、その都度、株主総会の決議によって、次に掲げる事項を定めなければならない。
 併合の割合
 株式の併合がその効力を生ずる日
 株式会社が種類株式発行会社である場合には、併合する株式の種類
 取締役は、前項の株主総会において、株式の併合をすることを必要とする理由を説明しなければならない。
第百八十一条(株主に対する通知等)
(株主に対する通知等)
第百八十一条 株式会社は、前条第二項第二号の日の二週間前までに、株主(種類株式発行会社にあっては、同項第三号の種類の種類株主。次条において同じ。)及びその登録株式質権者に対し、同項各号に掲げる事項を通知しなければならない。
 前項の規定による通知は、公告をもってこれに代えることができる。
第百八十二条(効力の発生)
(効力の発生)
第百八十二条 株主は、第百八十条第二項第二号の日に、その日の前日に有する株式(種類株式発行会社にあっては、同項第三号の種類の株式。以下この条において同じ。)の数に同項第一号の割合を乗じて得た数の株式の株主となる。
 

得する確定申告 女性が語る転職体験 子育て主婦のダイエット