新会社法 条文集−第三款 清算人(第五百二十三条―第五百二十六条)

新会社法の条文集です。

[an error occurred while processing this directive] 新会社法条文
> 第二編 株式会社
> 第九章 清算
> 第二節 特別清算
> 第三款 清算人(第五百二十三条―第五百二十六条)

スポンサードリンク

第五百二十三条(清算人の公平誠実義務)
(清算人の公平誠実義務)
第五百二十三条 特別清算が開始された場合には、清算人は、債権者、清算株式会社及び株主に対し、公平かつ誠実に清算事務を行う義務を負う。
第五百二十四条(清算人の解任等)
(清算人の解任等)
第五百二十四条 裁判所は、清算人が清算事務を適切に行っていないとき、その他重要な事由があるときは、債権者若しくは株主の申立てにより又は職権で、清算人を解任することができる。
 清算人が欠けたときは、裁判所は、清算人を選任する。
 清算人がある場合においても、裁判所は、必要があると認めるときは、更に清算人を選任することがで きる。
第五百二十五条(清算人代理)
(清算人代理)
第五百二十五条 清算人は、必要があるときは、その職務を行わせるため、自己の責任で一人又は二人以上の清算人代理を選任することができる。
 前項の清算人代理の選任については、裁判所の許可を得なければならない。
第五百二十六条(清算人の報酬等)
(清算人の報酬等)
第五百二十六条 清算人は、費用の前払及び裁判所が定める報酬を受けることができる。
 前項の規定は、清算人代理について準用する。
 

得する確定申告 女性が語る転職体験 子育て主婦のダイエット

[an error occurred while processing this directive]