新会社法 条文集−第一節 総則(第八百六十八条―第八百七十六条)

新会社法の条文集です。

[an error occurred while processing this directive] 新会社法条文
> 第七編 雑則
> 第三章 非訟
> 第一節 総則(第八百六十八条―第八百七十六条)

スポンサードリンク

第八百六十八条(非訟事件の管轄)
(非訟事件の管轄)
第八百六十八条 この法律の規定による非訟事件(次項から第五項までに規定する事件を除く。)は、会社の本店の所在地を管轄する地方裁判所の管轄に属する。
 親会社社員(会社である親会社の株主又は社員に限る。)によるこの法律の規定により株式会社が作成し、又は備え置いた書面又は電磁的記録についての次に掲げる閲覧等(閲覧、謄本若しくは抄本の交付、事項の提供又は事項を記載した書面の交付をいう。第八百七十条第一号において同じ。)の許可の申立てに係る事件は、当該株式会社の本店の所在地を管轄する地方裁判所の管轄に属する。
 当該書面の閲覧又はその謄本若しくは抄本の交付
 当該電磁的記録に記録された事項を表示したものの閲覧又は電磁的方法による当該事項の提供若しくは当該事項を記載した書面の交付
 第七百五条第四項、第七百六条第四項、第七百七条、第七百十一条第三項、第七百十三条、第七百十四条第一項及び第三項、第七百十八条第三項、第七百三十二条、第七百四十条第一項並びに第七百四十一条第一項の規定による裁判の申立てに係る事件は、社債を発行した会社の本店の所在地を管轄する地方裁判所の管轄に属する。
 第八百二十二条第一項の規定による外国会社の清算に係る事件並びに第八百二十七条第一項の規定による裁判及び同条第二項において準用する第八百二十五条第一項の規定による保全処分に係る事件は、当該外国会社の日本における営業所の所在地(日本に営業所を設けていない場合にあっては、日本における代表者の住所地)を管轄する地方裁判所の管轄に属する。
 第八百四十三条第四項の申立てに係る事件は、同条第一項各号に掲げる行為の無効の訴えの第一審の受訴裁判所の管轄に属する。
第八百六十九条(疎明)
(疎明)
第八百六十九条 この法律の規定による許可の申立てをする場合には、その原因となる事実を疎明しなければならない。
第八百七十条(陳述の聴取)
(陳述の聴取)
第八百七十条 裁判所は、この法律の規定(第二編第九章第二節を除く。)による非訟事件についての裁判のうち、次の各号に掲げる裁判をする場合には、当該各号に定める者(第四号及び第六号にあっては、申立人を除く。)の陳述を聴かなければならない。
 この法律の規定により株式会社が作成し、又は備え置いた書面又は電磁的記録についての閲覧等の許可の申立てについての裁判当該株式会社
 第三百四十六条第二項、第三百五十一条第二項若しくは第四百一条第三項(第四百三条第三項及び第四百二十条第三項において準用する場合を含む。)の規定により選任された一時取締役、会計参与、監査役、代表取締役、委員、執行役若しくは代表執行役の職務を行うべき者、清算人、第四百七十九条第四項において準用する第三百四十六条第二項若しくは第四百八十三条第六項において準用する第三百五十一条第二項の規定により選任された一時清算人若しくは代表清算人の職務を行うべき者、検査役又は第八百二十五条第二項(第八百二十七条第二項において準用する場合を含む。)の管理人の報酬の額の決定当該会社及び報酬を受ける者
 清算人又は社債管理者の解任についての裁判当該清算人又は社債管理者
 第百十七条第二項、第百十九条第二項、第百七十二条第一項、第百九十三条第二項(第百九十四条第四項において準用する場合を含む。)、第四百七十条第二項、第七百七十八条第二項、第七百八十六条第二項、第七百九十八条第二項、第八百七条第二項又は第八百九条第二項の規定による株式又は新株予約権(当該新株予約権が新株予約権付社債に付されたものである場合において、当該新株予約権付社債についての社債の買取りの請求があったときは、当該社債を含む。)の価格の決定価格の決定の申立てをすることができる者
 第三十三条第七項の規定による裁判設立時取締役、第二十八条第一号の金銭以外の財産を出資する者及び同条第二号の譲渡人
 第百四十四条第二項(同条第七項において準用する場合を含む。)又は第百七十七条第二項の規定による株式の売買価格の決定売買価格の決定の申立てをすることができる者(第百四十条第四項に規定する指定買取人がある場合にあっては、当該指定買取人を含む。)
 第二百七条第七項又は第二百八十四条第七項の規定による裁判当該株式会社及び第百九十九条第一項第三号又は第二百三十六条第一項第三号の規定により金銭以外の財産を出資する者
 第四百五十五条第二項第二号又は第五百五条第三項第二号の規定による裁判当該株主
 第四百五十六条又は第五百六条の規定による裁判当該株主
 第七百三十二条の規定による裁判利害関係人
十一 第七百四十条第一項の規定による申立てを認容する裁判社債を発行した会社
十二 第七百四十一条第一項の許可の申立てについての裁判社債を発行した会社
十三 第八百二十四条第一項の規定による裁判当該会社
十四 第八百二十七条第一項の規定による裁判当該外国会社
十五 第八百四十三条第四項の申立てについての裁判同項に規定する行為をした会社
第八百七十一条(理由の付記)
(理由の付記)
第八百七十一条 この法律の規定による非訟事件についての裁判には、理由を付さなければならない。ただし、次に掲げる裁判については、この限りでない。
 前条第二号に掲げる裁判
 第八百七十四条各号に掲げる裁判
第八百七十二条(即時抗告)
(即時抗告)
第八百七十二条 次の各号に掲げる裁判に対しては、当該各号に定める者は、即時抗告をすることができる。
 第六百九条第三項又は第八百二十五条第一項(第八百二十七条第二項において準用する場合を含む。)の規定による保全処分についての裁判利害関係人
 第八百四十条第二項(第八百四十一条第二項において準用する場合を含む。)の規定による申立てについての裁判申立人、株主及び株式会社
 第八百四十二条第二項において準用する第八百四十条第二項の規定による申立てについての裁判申立人、新株予約権者及び株式会社
 第八百七十条各号に掲げる裁判申立人及び当該各号に定める者(同条第二号、第五号及び第七号に掲げる裁判にあっては、当該各号に定める者)
第八百七十三条(原裁判の執行停止)
(原裁判の執行停止)
第八百七十三条 前条の即時抗告は、執行停止の効力を有する。ただし、次に掲げる裁判に対するものについては、この限りでない。
 第八百七十条第二号に掲げる裁判
 第八百七十条第三号に掲げる裁判
 第八百七十条第五号及び第七号に掲げる裁判
 第八百七十条第十一号に掲げる裁判
第八百七十四条(不服申立ての制限)
(不服申立ての制限)
第八百七十四条 次に掲げる裁判に対しては、不服を申し立てることができない。
 第八百七十条第二号に規定する一時取締役、会計参与、監査役、代表取締役、委員、執行役若しくは代表執行役の職務を行うべき者、清算人、代表清算人、清算持分会社を代表する清算人、同号に規定する一時清算人若しくは代表清算人の職務を行うべき者、検査役、第五百一条第一項(第八百二十二条第三項において準用する場合を含む。)若しくは第六百六十二条第一項の鑑定人、第五百八条第二項(第八百二十二条第三項において準用する場合を含む。)若しくは第六百七十二条第三項の帳簿資料の保存をする者、社債管理者の特別代理人又は第七百十四条第三項の事務を承継する社債管理者の選任又は選定の裁判
 第八百二十五条第二項(第八百二十七条第二項において準用する場合を含む。)の管理人の選任又は解任についての裁判
 第八百二十五条第六項(第八百二十七条第二項において準用する場合を含む。)の規定による裁判
 この法律の規定による許可の申立てを認容する裁判(第八百七十条第一号及び第十二号に掲げる裁判を除く。)
第八百七十五条(非訟事件手続法の規定の適用除外)
(非訟事件手続法の規定の適用除外)
第八百七十五条 この法律の規定による非訟事件については、非訟事件手続法第十五条の規定は、適用しない。
第八百七十六条(最高裁判所規則)
(最高裁判所規則)
第八百七十六条 この法律に定めるもののほか、この法律の規定による非訟事件の手続に関し必要な事項は、最高裁判所規則で定める。
 

得する確定申告 女性が語る転職体験 子育て主婦のダイエット

[an error occurred while processing this directive]