新会社法 条文集−第一節 総則(第九百七条―第九百十条)

新会社法の条文集です。

新会社法条文
> 第七編 雑則
> 第四章 登記
> 第一節 総則(第九百七条―第九百十条)

スポンサードリンク

第九百七条(通則)
(通則)
第九百七条 この法律の規定により登記すべき事項(第九百三十八条第三項の保全処分の登記に係る事項を除く。)は、当事者の申請又は裁判所書記官の嘱託により、商業登記法(昭和三十八年法律第百二十五号)の定めるところに従い、商業登記簿にこれを登記する。
第九百八条(登記の効力)
(登記の効力)
第九百八条 この法律の規定により登記すべき事項は、登記の後でなければ、これをもって善意の第三者に対抗することができない。登記の後であっても、第三者が正当な事由によってその登記があることを知らなかったときは、同様とする。
 故意又は過失によって不実の事項を登記した者は、その事項が不実であることをもって善意の第三者に対抗することができない。
第九百九条(変更の登記及び消滅の登記)
(変更の登記及び消滅の登記)
第九百九条 この法律の規定により登記した事項に変更が生じ、又はその事項が消滅したときは、当事者は、遅滞なく、変更の登記又は消滅の登記をしなければならない。
第九百十条(登記の期間)
(登記の期間)
第九百十条 この法律の規定により登記すべき事項のうち官庁の許可を要するものの登記の期間については、その許可書の到達した日から起算する。
 

得する確定申告 女性が語る転職体験 子育て主婦のダイエット