会社法条文
> 第二編 株式会社
> 第二章 株式
> 第十節 雑則(第二百三十四条・第二百三十五条)
>第二百三十五条

スポンサード リンク

第二百三十五条

第二百三十五条 株式会社が株式の分割又は株式の併合をすることにより株式の数に一株に満たない端数が生ずるときは、その端数の合計数(その合計数に一に満たない端数が生ずる場合にあっては、これを切り捨てるものとする。)に相当する数の株式を競売し、かつ、その端数に応じてその競売により得られた代金を株主に交付しなければならない。
 前条第二項から第五項までの規定は、前項の場合について準用する。
 

得する確定申告法教えます 女性が転職を決意する時 ダイエット 体験