会社法条文
> 第二編 株式会社
> 第九章 清算
> 第二節 特別清算
> 第八款 債権者集会(第五百四十六条―第五百六十二条)
>第五百五十八条(議決権の不統一行使)

スポンサード リンク

第五百五十八条(議決権の不統一行使)

(議決権の不統一行使)
第五百五十八条 協定債権者は、その有する議決権を統一しないで行使することができる。この場合においては、債権者集会の日の三日前までに、招集者に対してその旨及びその理由を通知しなければならない。
 招集者は、前項の協定債権者が他人のために協定債権を有する者でないときは、当該協定債権者が同項の規定によりその有する議決権を統一しないで行使することを拒むことができる。
 

得する確定申告法教えます 女性が転職を決意する時 ダイエット 体験