会社法条文
> 第四編 社債
> 第一章 総則(第六百七十六条―第七百一条)
>第六百九十八条(記名式と無記名式との間の転換)

スポンサード リンク

第六百九十八条(記名式と無記名式との間の転換)

(記名式と無記名式との間の転換)
第六百九十八条 社債券が発行されている社債の社債権者は、第六百七十六条第七号に掲げる事項についての定めによりすることができないこととされている場合を除き、いつでも、その記名式の社債券を無記名式とし、又はその無記名式の社債券を記名式とすることを請求することができる。
 

得する確定申告法教えます 女性が転職を決意する時 ダイエット 体験