会社法条文
> 第五編 組織変更、合併、会社分割、株式交換及び株式移転
> 第五章 組織変更、合併、会社分割、株式交換及び株式移転の手続
> 第二節 吸収合併等の手続
> 第二款 吸収合併存続会社、吸収分割承継会社及び株式交換完全親会社の手続
> 第一目 株式会社の手続(第七百九十四条―第八百一条)
>第八百条(消滅会社等の株主等に対して交付する金銭等が存続株式会社等の親会社株式である場合の特則)

スポンサード リンク

第八百条(消滅会社等の株主等に対して交付する金銭等が存続株式会社等の親会社株式である場合の特則)

(消滅会社等の株主等に対して交付する金銭等が存続株式会社等の親会社株式である場合の特則)
第八百条 第百三十五条第一項の規定にかかわらず、吸収合併消滅株式会社若しくは株式交換完全子会社の株主、吸収合併消滅持分会社の社員又は吸収分割会社(以下この項において「消滅会社等の株主等」という。)に対して交付する金銭等の全部又は一部が存続株式会社等の親会社株式(同条第一項に規定する親会社株式をいう。以下この条において同じ。)である場合には、当該存続株式会社等は、吸収合併等に際して消滅会社等の株主等に対して交付する当該親会社株式の総数を超えない範囲において当該親会社株式を取得することができる。
 第百三十五条第三項の規定にかかわらず、前項の存続株式会社等は、効力発生日までの間は、存続株式会社等の親会社株式を保有することができる。ただし、吸収合併等を中止したときは、この限りでない。
 

得する確定申告法教えます 女性が転職を決意する時 ダイエット 体験