会社法条文
> 第七編 雑則
> 第三章 非訟
> 第三節 特別清算の手続に関する特則
> 第三款 特別清算の実行の手続に関する特則(第八百九十二条―第九百一条
>第八百九十七条(担保権者が処分をすべき期間の指定)

スポンサード リンク

第八百九十七条(担保権者が処分をすべき期間の指定)

(担保権者が処分をすべき期間の指定)
第八百九十七条 第五百三十九条第一項の申立てについての裁判に対しては、即時抗告をすることができる。
 前項の裁判及び同項の即時抗告についての裁判があった場合には、その裁判書を当事者に送達しなければならない。
 

得する確定申告法教えます 女性が転職を決意する時 ダイエット 体験