会社法条文
> 第七編 雑則
> 第三章 非訟
> 第三節 特別清算の手続に関する特則
> 第三款 特別清算の実行の手続に関する特則(第八百九十二条―第九百一条
>第八百九十九条(役員等責任査定決定)

スポンサード リンク

第八百九十九条(役員等責任査定決定)

(役員等責任査定決定)
第八百九十九条 清算株式会社は、第五百四十五条第一項の申立てをするときは、その原因となる事実を疎明しなければならない。
 役員等責任査定決定(第五百四十五条第一項に規定する役員等責任査定決定をいう。以下この条において同じ。)及び前項の申立てを却下する決定には、理由を付さなければならない。
 裁判所は、前項に規定する裁判をする場合には、対象役員等(第五百四十二条第一項に規定する対象役員等をいう。)の陳述を聴かなければならない。
 役員等責任査定決定があった場合には、その裁判書を当事者に送達しなければならない。
 第八百五十八条第一項の訴えが、同項の期間内に提起されなかったとき、又は却下されたときは、役員等責任査定決定は、給付を命ずる確定判決と同一の効力を有する。
 

得する確定申告法教えます 女性が転職を決意する時 ダイエット 体験