会社法条文
> 第七編 雑則
> 第四章 登記
> 第二節 会社の登記
> 第二款 支店の所在地における登記(第九百三十条―第九百三十二条)
>第九百三十条(支店の所在地における登記)

スポンサード リンク

第九百三十条(支店の所在地における登記)

(支店の所在地における登記)
第九百三十条 次の各号に掲げる場合(当該各号に規定する支店が本店の所在地を管轄する登記所の管轄区域内にある場合を除く。)には、当該各号に定める期間内に、当該支店の所在地において、支店の所在地における登記をしなければならない。
 会社の設立に際して支店を設けた場合(次号から第四号までに規定する場合を除く。) 本店の所在地における設立の登記をした日から二週間以内
 新設合併により設立する会社が新設合併に際して支店を設けた場合第九百二十二条第一項各号又は第二項各号に定める日から三週間以内
 新設分割により設立する会社が新設分割に際して支店を設けた場合第九百二十四条第一項各号又は第二項各号に定める日から三週間以内
 株式移転により設立する株式会社が株式移転に際して支店を設けた場合第九百二十五条各号に掲げる日のいずれか遅い日から三週間以内
 会社の成立後に支店を設けた場合支店を設けた日から三週間以内
 支店の所在地における登記においては、次に掲げる事項を登記しなければならない。ただし、支店の所在地を管轄する登記所の管轄区域内に新たに支店を設けたときは、第三号に掲げる事項を登記すれば足りる。
 商号
 本店の所在場所
 支店(その所在地を管轄する登記所の管轄区域内にあるものに限る。)の所在場所
 前項各号に掲げる事項に変更が生じたときは、三週間以内に、当該支店の所在地において、変更の登記をしなければならない。
 

得する確定申告法教えます 女性が転職を決意する時 ダイエット 体験