会社法条文
> 第八編 罰則(第九百六十条―第九百七十九条)
>第九百六十五条(預合いの罪)

スポンサード リンク

第九百六十五条(預合いの罪)

(預合いの罪)
第九百六十五条 第九百六十条第一項第一号から第七号までに掲げる者が、株式の発行に係る払込みを仮装するため預合いを行ったときは、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。預合いに応じた者も、同様とする。
 

得する確定申告法教えます 女性が転職を決意する時 ダイエット 体験